マジで失望した



誰とは言いませんが。
週刊オブイェクトさんの『著名言論人とブログの在り方』コメント欄より抜粋。

間違える事は誰にでも有り得るわけで、その後の対応次第で炎上するか逆に評価が上がるかの分かれ目が出てくるのだと思います。

御意。
たぶん今回はどちらでもない。ソツのない対応だったと思う。
でも、私としてはマジで失望しました。
楽しみにしていた好きなアーティストの新譜がスゲー駄作だった時のような気分。

「マジで失望した」への12件のフィードバック

  1. そんなに過剰反応するようなことだったのかなあ。

    若隠居の徒然日記:このネタ記事は、、、なんじゃ?
    週刊オブイェクト:著名言論人とブログの在り方
    音極道茶室:マジで失望した
    期待の裏返しなのでしょうか。
    NH…

  2. 著名言論人とブログの在り方

    著名人がネット上で活動する場合、高いモラルが求められるのは当然の事だと思います。著名人でなくても、実名を公開して活動する場合は慎重に成らざるを得ない。故にそうい…

  3. >たぶん今回はどちらでもない。ソツのない対応だったと思う。
    私は評価を若干下げます。言い訳めいたものが見受けられました。ですが問題のネタ画像の撤去など対応が迅速でしたので、今後、西村氏が西尾氏のような炎上をする事はきっと無いでしょう。

  4. JSFさん>
    >私は評価を若干下げます。
    あ、私も西村氏に関しては同感です。TBを見ていないという発言も、保守派のハブを自負する方としては不用意でしたね。
    でも、私が失望したのは西村氏では無かったりします。紛らわしかったですね。すみません。

  5. >でも、私が失望したのは西村氏では無かったりします。
    では誰ですか? 文脈からは読み取れませんでした。

  6. JSFさん>
    そうですよね。名前書くか躊躇しました。
    で、まあ判る人には判ったと思うんですが、gori氏です。今エントリーと前エントリーのコメント欄など見ていただければ流れはだいたいお判りになるかと…
    勝手に私が過大評価してただけなんですけど、「自分の発信した情報が誤りかもしれない」という事にあそこまで無頓着だとは思ってなかったので。
    あらためて産経の記事を拠り所にしているのを見るとおそらくbewaadさんのサイトも熟読してないんだなーと。ホントに愚痴ですた。

  7. >JSFさん
    >彼は無責任な立場の人でしょう、私達と同じく。
    そうですね。だからこそ期待できる面というのもあって。
    西尾氏や西村氏に比べると、「自分の間違い」を認めやすい立場だと思ったのと、よくあそこに出入りしていた精神的距離感の近さですかね。「真意を判ってくれそうな」気がしてたんです。gori氏が「気づけば」今の過熱気味の論調もいくらか冷静になるかな、と。
    bewaad氏が西尾氏を論破した上で、「おそらく西尾氏は法律の専門家に全く助言を受けてない」と指摘しているのを読めば何かしら感じるものはあるんじゃないか、と。

  8. 猛烈にしんどいわけですが。
    何か勝手に期待して、裏切られたって勝手に叫んでたような気がする若隠居。すごい片想いぶりだな、、、わたしも落ち着きを取り戻した、はず。
    冷静に議論なり批判なりができればいいのですが、もう無理なのかなあ、、、このまんま、反対反対で煽ったまんまなのかなあ、、、

  9. 若隠居さん>
    >猛烈にしんどいわけですが。
    わかります。しんどい事ってのはテンション上がってないとできない部分もあって冷静さとのバランスが難しいですね。
    私の場合は未熟さが出ました。他にやり方があったかもしれない。でも、このエントリーをおこした時よりは落ち着いてきました。愚痴はこのエントリーで、最初で最後にしたいです。
    >冷静に議論なり批判なりができればいいのですが、もう無理なのかなあ、、、このまんま、反対反対で煽ったまんまなのかなあ、、、
    goriさんとこのコメント欄では、冷静な方も結構いました。
    それがなんとなく救いですけど、今の雰囲気は確かにおかしいですねえ。

  10. そういえば、J2さんがあちらに参戦されていたのですよね。
    読んでいたにもかかわらず結びつきませんでした。すみません。
    gori氏に限らず、一度決めた主張を修正するのは、やっぱり難しいことなのかもしれません。まして、彼の場合は反サヨク、反共といった立ち位置だけに、なおさらそういうことが言えるような気がします。

  11. eliosさん>
    そういう事だったんです。
    >一度決めた主張を修正するのは、やっぱり難しいことなのかもしれません。
    ある程度理解できるんです。でもそうすると立場を修正できない朝日新聞も理解してあげないと、って話になる。結局誰もが持つ弱みの強弱の問題じゃないか、と。現実が見えてしまった分ちょっと萎えました。

コメントは停止中です。