小倉先生への再反論



小倉秀夫弁護士より新エントリー『J2氏への回答』が投稿されました。お忙しい中新エントリーを起こして反論頂いた事に関しましては、小倉先生にこの場を借りてお礼申し上げます。
まずは今エントリーの内容に関して再反論です。
各センテンス毎に反論を展開する前に、今回の小倉先生の論旨と争点を私なりに整理させていただきます。もしこの時点で私に誤読があるなら、どこをどう誤読していて、実際の真意はどうであるのか具体的にご指摘ください。
小倉氏の論旨を箇条書きにすると
(1).ある情報の発信者がどこの誰であるのかをトレースする際、その役割分担等について事前にルール化しトレーサビリティを向上させるべき
(2).自らを公然と批判する者(それがたとえ正等な批判であれ)がどこの誰であるのかを知る権利は有って然るべき。
(3).上記2項の「知る権利」において、「ネット上での人格」から「現実社会での人格」までトレース可能でなければならない。(だから現在のTypeKey認証は効果無し)。
(4). (1)~(3)が実現すればインターネット上での自由な発言、真摯な議論は促進される
という4つに分けられると思います。小倉先生はこれらの論点をごちゃまぜにしている感がありますのできっちり分けて考えてみます。
(1)については私も小倉先生に同意なのでこれは争点ではありません。
(2)については、”民事上の不法行為等の用件に限定される”という現行法で十分と考えます。(1)が実現できれば運用上の問題も大きく改善されるでしょう。
(3)については、個人攻撃や悪質な書込みを抑止するのになぜ「現実社会の人格」をトレースする必要があるのか、私には全く理解できません
(4)これについても同意できません。
上記の立場の違いをまず明確にした上で、各センテンスについて反論いきます。

「ネット上での人格」と「現実社会での人格」が切り離され、前者から後者をトレースできない(または非常に困難)ことを私は問題としています。TypeKey認証は、「ネット上での人格」から「現実社会での人格」をトレースする機能は全くありません。したがって、「匿名の恥はかき捨て」的な言動を抑制する機能は「TypeKey認証」にはありません。さらにいえば、個人が複数のメールアドレスを安価または無償で保有することが可能である現在、登録時にメールアドレス以外の情報を求めない「TypeKey」認証では、「1人複数役」を演ずる「荒らし」すら見抜くことができません。

TypeKey認証では「現実社会での人格」をトレースできない
-> だからTypeKey認証には「匿名の恥はかき捨て」的な言動を抑制する機能は無い
という論法なわけですが、一番肝心のなぜ「現実社会での人格」のトレースが必要なのかという説明が、そっくり抜け落ちてますね。
なんの制限をかけなくとも「真摯な議論」が行われているBlogはたくさんあるわけで、TypeKey認証を導入して、Blog主にも非がないのにそれでもなおコメントスクラムが起きてしまうBlogってちょっと私には想像できないです。実際にTypeKey認証で炎上を防げなかったBlogの事例があればいくらか説得力は増すと思いますが、私自身そのような事例をまだ知りませんし。
そもそも今回の小倉先生の様にTypeKey認証の効果について明確に否定的な見解というのは、なかなかこれまで無かったのでHot Wired的にもなかなか面白い問題提起じゃないかと思います。シックスアパートの開発スタッフとかと是非対談とかして頂きたいです。
というか、小倉先生はTypeKey認証を導入された経験はありますか?
TypeKey認証の導入は実際にはコメントスパム対策という目的が多いですが、「普通のコメントも減少してしまう」という理由で敬遠される傾向にあります。「匿名を拠り所とする無責任な発言」に対しては特に有効な抑止力になりうると考えますが如何でしょうか。

ただし、TypeKey認証のようなシステムが、「ネット上での人格」から「現実社会での人格」をトレースすることをそれなりに可能とする形で運用されるのであれば、それはそれで一つの解決手段にはなりうるのだと思います。

名誉毀損や侮辱などの「一線を越えた」書込みに対処するには、相手の実名等を必要とする合理的事由が発生しますが(判らなければ告訴もできないですから)、「批判的なコメントを書いた人間」の実名をBlog主が知ってその後Blog主はその情報をどう使うわけですか?抗議の電話?嫌がらせ?いずれにしてもロクな事にはならんでしょう。
「Blog主を批判する際の精神的障壁」を築くという目的のためだけに個人情報開示を請求できるなんて暴論もいいとこじゃないですか?個人情報保護法の基本理念との折り合いはどうつけるんでしょうか??
それに、Blog主がエントリーで誰かを批判する場合も十分考えられますね。その場合は批判された人間がBlog主の個人情報を開示請求できるわけですか?例えば小倉先生がBlogのエントリーで私を批判すれば、それが正等な批判であっても私は小倉先生の個人情報開示請求できるわけですね?

ADSL事業者等と提携して、その窓口において、運転免許証などの写真付きの身分証明書を提示させ、登録希望者との同一性を確認できた場合に登録を認めるシステム等が考えられるので、それほど非現実的ではありません。

プロバイダ事業者の窓口で登録者との同一性を確認できたとしても、それはあくまでオフラインでの話なので、ネット上の活動とリンクさせるにはとんでもないコストがかかりますよね。法人契約だってあります。企業事務所のWAN経由で社員全員が回線を共有するなんてことはざらにある。やっぱり非現実的に感じますが。

ある議論が真摯なものか否かを「客観的に」判断する基準は確かにないでしょうね。
 しかし、現実社会では、どのような議論を真摯なものと考えるのかについて、ある程度のコンセンサスはありますね。そして、現実社会で「真摯な議論」として考えられているところを、ネット上での議論においてもパラレルに考えていけば、ネット上での「真摯な議論」というのはどういうものかを探っていくことができるのではないかと思います。

まさにおっしゃる通りなんですよ。そこで質問なんですが、ネット全体の論調を相対的に見て小倉先生擁護の立場に立って意見を発している方は極めて少数派に見えます。
小倉先生ご自身のBlogにおける対応が「ある程度のコンセンサス」から外れているのではないかと自らを省みる事はないのでしょうか?この質問にはぜひお答え願いたいです。
私自身、コメント欄の発言者を予め限定する方は初めて見た訳ですが。ましてや自分以外のコメントが全部削除されて自分の書込みだけが並ぶなんて経験は間違いなく初めてですよ。正直申しまして、自分のコメントが削除される以上に不快感がありました。

また、真摯な議論が行われるためには、言葉遣いなども重要です。粗暴な言い回しや、相手を馬鹿にしたような表現は真摯な議論を妨げます。

言葉遣いが丁寧であれば良いわけではありませんよね。慇懃無礼という言葉もあります。「真摯」かどうかというのは、あくまで個々の持つ社会性・公共性・モラル感覚の問題であって、「法律」によって促進されるものなんかではないと考えます。
最後に余計なおせっかい、老婆心です。
小倉先生が「論破されない」事は実はどうでも良いことです。先生への評価が例えコメント欄に書かれずとも「IT法のTOP FRONT」にアクセスしてここ最近のエントリを読んだ一人一人が(小倉先生に対する)各々の評価を心の中で下すのです。どうかご自分の振舞いについて自問自答して頂きたい。

「小倉先生への再反論」への16件のフィードバック

  1. お疲れ様です。待ってました。眠いです。
    ので、細かいところについては言及できません。
    (というか、細かいところはほとんど先生に対する配慮だと思うので言及しません、繰り返しですし)
    ただ、以下の一文だけはどうしても小倉先生に聞いていただきたくコメントしました。(朝一で読んでくれるかな。)これだけは、どうか誤読しないようにお願いします。Hotwired JAPANのファンとしてこれだけはお願いします。
    ————————————————
    >先生への評価が例えコメント欄に書かれずとも「IT法のTOP FRONT」にアクセスしてここ最近のエントリを読んだ一人一人が(小倉先生に対する)各々の評価を心の中で下すのです。
    ————————————————-
    可能ならば、これで2月9日以前に戻ってもらえることを切にお願いします。
    あとは若隠居さんの件をすっきりさせれば、他のHotwired の人たちにも迷惑かかりませんね(ちょっとオグラ風?)

  2. はじめまして。
    最後の段落にいたく同感いたしております。私が常々感じているのは、ホームページ、ブログにかかわらず、サイト運営者の一挙手一投足がすべて運営者人格の評価につながり、サイトを利用するお客さんの選別につながってしまうということです。一本筋の通った運営をしていれば、筋の通ったお客さんが集まり、筋の通らない運営をしていれば、筋は通らくても自分だけは楽しいことがしたいというお客さんが集まるようになります。
    まともな読者は、まともなブログ記事やまともなコメントは正しく評価します。それを正しく評価できない人には、評価してもらう必要はないでしょう。まともでないコメントを放置したとしても、まともな人は放置した意図を正しく理解してくれます。まともでない意見を放置できない人は、放置できないほどに合理的思考に欠けた人なのだと評価されます。
    さて、コメントも実名でということについてですが、そもそもブログ主が自分の実名や立場を明かしてブログを公開するということ自体が、それにメリットを見出してやっている行為であるといえると思います。筋として考えれば、コメント者に実名を要求するのではなく、ブログ主が実名や立場を明かすことによって得られるメリットを放棄して、匿名でブログをすればよいことのように思えます。名誉毀損も、匿名ならばネット人格に対するもののみであり、実社会人格における毀損は生じないはずです。
    実名と自身の実社会における職業などの立場を明かしてブログを公開した場合に、ブログがその職業などの立場に見合った内容ではなくDQNであったりすると、いわゆるコメントスクラムが起こりやすいような気がします。つまり、社会的責任のある職業にありながら、そのようなDQNな意見を述べてよくのうのうとしていられるなと。それは、その職業に就いている人へのねたみというよりは、少なからず社会的な不安を感じての自然発生的な行動であるようにも思います。
    長々と勝手な意見を述べさせていただき、大変失礼いたしました。小倉先生との意見交換により、価値のある議論の前進を期待しております。

  3. >Anonymous at 2005年02月28日 04:45
    >お疲れ様です。待ってました。眠いです。
    ありがとうございます。
    >可能ならば、これで2月9日以前に戻ってもらえることを切にお願いします。
    同感です。というか昨年くらいまで戻って欲しいですね。
    少なくとも朝日問題への言及以前の状態に。
    でももう手遅れですね。今回のコメント欄での暴挙は、小倉先生に好意的な人達をも閉口させてしまっているようです。
    >うむらうとさん
    >ホームページ、ブログにかかわらず、サイト運営者の一挙手一投足がすべて運営者人格の評価につながり、サイトを利用するお客さんの選別につながってしまうということです。
    はじめまして。おっしゃるとおりです。
    ネットとかブログとか言う以前の一人間、一人格としての社会的評価ですよね。新進気鋭の弁護士さんが徳の高い人望のある方とは限らないわけです。
    >価値のある議論の前進を期待しております。
    私もそのように願っています。これ以上のレスポンスが小倉先生からあるかどうかは予断を許しません。

  4. 何故サヨクの行動パターンは共通するのか?

    サヨクHPがコメント不可であったり、異論コメントは削除が当たり前であるのは常識だが、ついに「コメントスクラム」なる文字列でwebの話題をさらった小倉センセイがコ…

  5. “IT弁護士”小倉秀夫氏のダブルスタンダード

    更新停止期間に入ったと言いつつ、今日も緊急UPをします。話題は、今あちこちで注目されている小倉氏についてです。ポリティカルコンパスを紹介している旗旗さんの所で、…

  6. 本当にご苦労様です。
    かなり凝り固まっている人物相手に言葉を届ける行為は、本当に大変な事だろうと思います。
    どうぞ無理はなさらずに。
    所で、氏の主張を見て、個人的に追っている募金サイトの問題で起きた事件http://www.geocities.jp/collect_bp/personal_data.html
    を思いだしました。
    個人情報を平気で悪用する人間が居る現状で、何を妄想に耽っているのやら。
    ネットって所を、おかしいモノに対して「それはおかしいでしょう」と言えない、解らないモノに対して「解らないんで説明してください」とも言えないような所にして、一体誰がどう得をするんですか、と聞いてみたいもんです…。

  7. もみのき様>
    はじめまして。ありがとうございます。
    >所で、氏の主張を見て、個人的に追っている募金サイトの問題で起きた事件
    >を思いだしました。
    募金パークですか。まとめサイトがあるのは恥かしながら知りませんでした。興味深く読ませていただきました。個人情報についてはますますデリケートな時代になってきているのに、あのような暴論を支持する識者が果たしているんでしょうか?小倉氏は彼の言う「コメントスクラム」がよっぽど憎いんでしょうね。JSFさんがコメントでご紹介されている掲示板や、旗旗さんところでの発言を見ても、完全にバランス感覚を失っているように見受けられます。
    JSF様>
    わざわざご連絡恐縮です。
    実はJSFさんの「宝の山」発言に脊髄反射してしまい、昨日のうちに過去ログ回収しておりました。
    電脳遊星DさんのところでもJSFさんへの期待表明があったみたいですよw

  8. こんにちは。
    小倉さん、新しいエントリーを書きましたね。話題はぜんぜん違います。つまり、これにて幕引き、ということらしいです。J2さんの再反論にも、J2さんが直接小倉さんに求めない限り、反応しないでしょう。
    小倉さんのブログだけではなくて、他の掲示板やブログにおける発言との矛盾まで取り上げられるようになりましたから、もうさすがに観念したというか、きりがないというか、こんなことばっかりやっとれんというか、まあそういうことなのでしょう。小倉さんとしては、場を落ち着かせるためにもっとも適切な手段をとった、、、と思うのですけれど。できることならば、このまま落ち着いてもらって、面白い記事を書いてほしいです。(ついでながら、うちのブログに頂いたコメントではっきりしましたが、IT系の法曹界でも、学説的にも、その多数が匿名規制に懐疑的であることを、改めて付け加えておきます)
    J2さんとしては、ご自分の「再反論」に何らかの反応がほしいところでしょうね。彼のことだからまだどうなるかわかりませんけれど、なにはともあれ、おつかれさまでした。

  9. 若隠居さん>
    >小倉さん、新しいエントリーを書きましたね。話題はぜんぜん違います。つまり、これにて幕引き、ということらしいです。J2さんの再反論にも、J2さんが直接小倉さんに求めない限り、反応しないでしょう。
    そうですね。一応エントリーが投稿されてすぐにコメント欄で再反論のお願いはしておきましたが、もし無かったら無かったで良いです。落ち着きを取り戻した事が重要ですね。実は前エントリーのコメント欄で削除が行われなくなったのを見て、薄々予感はしておりました。
    おそらくHot Wiredから小倉氏に対してアドバイス(というか指示)みたいなものがあったのだと推測しています。私自身コメント欄にてそういうメッセージを送っていましたし。(レッシグ氏の名前を出したのには意味があります)
    そういう意味では、小倉氏が納得ずくで矛を収めたのであればこのまま平穏になるでしょうし、もしまだ小倉氏が内心くすぶっているのであれば、先生の事ですから何かの形で反論してくるでしょう。
    JSFさんとのやりとりを見てわかるように小倉先生は論破されても絶対に白旗は上げない方のようですから、私から見れば先生から再反論があっても、もしくは沈黙されても、どちらでも一定の満足感を得られるわけです。
    >IT系の法曹界でも、学説的にも、その多数が匿名規制に懐疑的であることを、改めて付け加えておきます
    そうだと思います。やはり常識的に見て暴論だし、それは小倉氏も判ってたんだと思います。何が小倉氏をそうさせたのかは私には判りませんが、どうも精神のバランス感覚を失いがちですよね。若隠居さんのコメント削除もその延長線上の出来事だったのだと解釈してます。
    >なにはともあれ、おつかれさまでした。
    こちらこそありがとうございました。それにしても自分の想いを的確に文章にするのは本当に難しいです。

  10. 情報の価値 -Ver.0.7-

    情報の価値は閲覧する人の数ではない。誰もが見る情報はありふれた陳腐な情報だ。三文情報を集めたワイドショーやゴシップ雑誌のようなものに本当の情報の価値はない。

  11. 法的に個人情報トレースシステムが非現実的だと考えるブログ第一回

    さて、風邪を理由に後回しにしてきたが、「J2氏への回答」をもってしても未だ…いや尚更、小倉意見が法的におかしい件について考えてみたいと思う。今回は左翼を応援する…

  12. 法的に個人情報トレースシステムが非現実的だと考えるブログ第二回

    それでは再開しよう。思ったより間を空けてしまったが前回に引き続き、個人情報をトレースできる社会システムが如何に実現困難かを考えたい。時間を空けた分、推敲できたの…

  13. 法的に個人情報トレースシステムが非現実的だと考えるブログ第四…

    ということで長期間繰り広げてきた個人情報トレースシステム非現実性の考察であるが。要するに説明不足…というか啓蒙不足のまま一人で必要だと叫んでいることが問題だとい…

コメントは停止中です。