確かにみんなFirefoxを褒め過ぎだ



巷でやたら評判のブラウザMozilla Firefoxですが、かなり急速にシェアを伸ばしているようですね。
以下は、ITMedia 11/2付け記事からの抜粋:

MozillaとFirefoxは、10月も引き続きウェブブラウザ市場でシェアを伸ばしたが、このあおりを受けて同市場を支配するInternet Explorer(IE)のシェアが低下したことが、あるオンライン調査で明らかになった。
 MozillaとFirefoxを利用する米国人ネットユーザーの割合は、10月に6%まで増加した。両者の割合は半々だった。なお過去における割合は、9月が5.2%、6月が3.5%だった。
 一方、MicrosoftのIEは引き続き圧倒的な首位の立場を守っているものの、10月にはシェアを0.8%落とし、92.9%となった。6月の時点では95.5%だった同ブラウザのシェアは、9月には93.7%に減少していた。また、OperaとApple ComputerのSafariは、合わせて1%を若干上回った。

6%って現段階ではちょっと微妙な数字だけど、WEB制作者という立場から見れば明らかに無視できない数字な訳で、さすがに自分もダウンロードしないとダメかなと思って、昨日インストールしてみた。
で、使用感なんか悠長に語ってる場合ではない事態にいきなり見舞われてしまった。
このBlogのレイアウトが崩れてる!!ここの2カラムレイアウトは、どんなブラウザでも大丈夫なように敢えてテーブルレイアウトを使ってるのになんで左右のカラムが縦にならんじゃうわけ!??orz
結局、左カラム右カラムにそれぞれ定義していたfloat属性をコメント化したら直った。float属性はここでは冗長なのは理解していたが、通常関係ない属性は無視されるべきで、ましてや絶対配置でもないのにテーブルレイアウトを飛び越えて表示されてしまってはバグと言われても仕方あるまい。
と、こんなわけでなんだかFirefox最高~!なんて言える気分じゃない。もちろんそれなりに良いブラウザである事は間違いないのだろうけど、自分としては、みんなFirefoxを褒め過ぎだという意見に激しく同意せざるを得ないっすね。決してFirefoxが悪いと言ってるわけじゃなくね。まだバージョン1.0なんだからコードがこなれてないのは当たり前なわけで、今の段階から絶賛しまくってる一部の人達には違和感を感じる。
確かにIEに比べればセキュリティ的に堅牢かもしれないが、だからといってウイルスやワームの脅威から逃れられるわけでは決してなく、Windows使ってる限り基本的な危険度は全く変わらないっって事は肝に銘じておかないと。
いずれにしても、WEBクリエイターにとっては、またチェックしなきゃならんブラウザが増えて、それはすなわち開発作業量が増える事を意味するわけで、それだけ見ても手放しでは喜べない。
Firefoxがシェア100%になってくれるのなら話は別だが、結局ネットサーフを目的とするプログラムコードが多種多様化すればするほど、混迷の度は増す一方なんじゃないか?IE=悪、オープンソース=善なんて割り切れるような単純な世界じゃないって事っすよね。

「確かにみんなFirefoxを褒め過ぎだ」への1件のフィードバック

  1. Firefoxも使ってみた

    Thunderbirdを使い始めるのと同時に、
    同じくMozillaからリリースされている
    ブラウザ『Firefox』も使い始めてみました。
    これまで…

コメントは停止中です。