『初恋の嵐』というバンドを知っていますか



YouTubeでJ-POPの音楽を適当に漁っていたら、思いがけず『初恋の嵐』のデビューシングル、『真夏の夜の事』のPVを発見してしまった。4年前の記憶が蘇った。また何度も繰り返し見てしまった。
もちろんご存知の方にとっては私の解説など不要だろう。しかし、まだこのバンドを知らない人が多いのではないかと思い、突発的にこのエントリーを書いている。
この曲が発売された当初、ヘビーローテでこの曲ばかり聴いていた。
ボーカル、ギター、ソングライティング担当の西山達郎を中心とするスリーピースバンド『初恋の嵐』は、2002年にメジャーデビューし、1枚のシングルと1枚のアルバムを残した。
2000年頃からインディーズでの活動で着実に人気を獲得していった彼らはユニバーサルと契約し、2001年からレコーディングに入った。
しかし、2002年3月、バンドの中心メンバー西山が急性心不全で急逝する。
レコーディングは頓挫。しかし、全国のファンから寄せられたリリースの要望を後押しに残るメンバー、スタッフが音源を引継ぎ、アルバムを完成させた。
曲だけ聴いても素晴らしい。PVだけ見ても秀逸。
しかし、その裏にあるエピソードを知り、さらにこの曲の歌詞が持つ世界観に気付いた時、感動が倍化する。
メンバーの急死、それを信じたくないファンの思い、日本人独特の哀愁漂うメロディ、想像と現実が交錯する歌詞の世界観、その世界観を見事に再現したPVの絶妙な演出。
幾多の要素が折り重なって、奇跡の名曲に仕上がっている。
J-POPには、ヒットチャートに現れない隠れた名曲がある。この深い味わいを堪能して欲しい。

「『初恋の嵐』というバンドを知っていますか」への2件のフィードバック

  1. たまたまこのブログを読んで、今日このバンド、この曲を知りました。
    いい曲ですね。
    明日買いに行きます。

  2. 「初恋の嵐」公式サイトのBBSがSPAMで荒れまくりな件

    「初恋の嵐」というバンド。
    何度かここに書いたけど、2002年にボーカルの西山達郎氏が
    急性心不全のため25歳の若さで他界し、伝説になっちゃったバンド。

コメントは停止中です。