「郵政民営化は争点ではない」と言う事の浅はかさ

民主党は、郵政民営化から国民の目を逸らす方針の様だ(まあ当然だけど)。
総選挙争点は郵政民営化ではなくムダづかい削減 岡田代表、会見で
以下抜粋。

 岡田代表はまた、郵政民営化を衆議院総選挙の唯一の争点とみなす小泉首相の発言に対して、それは大きい争点ではなく、敢えて挙げるとすれば、ムダづかいをなくすことだと指摘。さらに「前提は、政治家が身を正していくこと」だと述べ、議員年金の廃止、議員定数の削減から始まり、公務員人件費削減など3年間で10兆円のムダづかい削減に向けてを取り組むとの考えを明らかにした。

民主党の最大の失敗は、郵政民営化に全党一致で反対してしまった事だ。これは小泉手法を結果的に全面サポートしてしまっている。民主党が造反無く一致団結してしまった事で、小泉総理の目論む「タグ付け」がより完璧になってしまったからだ。
今回、郵政民営化に反対票を投じた議員は自民公認から外される。棄権したものに関しても、侘びを入れ、民営化賛成を明言したものだけが自民党公認となる。つまり、政見放送を見なくとも、候補者の演説を聞かなくとも、自民公認候補=郵政民営化賛成だと、有権者にインプットされてしまった。逆に自民公認から外されたもの=民営化反対者だと、極めて判りやすいタグ付けに成功した。
さて、ここで「もっと大事な事がある」と言っていたハズの民主党が民営化反対で一致団結してしまった事で、有権者は、このタグ付けを、民主候補者にまで拡大する事ができる。皮肉な事に、造反者を出さなかった事で、民主候補者=民営化反対 のレッテルが有効になったのだ。郵政民営化についてだけは、各候補者の主張を聞く必要が無くなったわけだ
ここまで強力な「タグ付け」に成功した選挙は過去に例が無いだろう。そしてこれが有権者の投票行動に必ずや影響を及ぼす。選挙演説など一度も聞かず、誰一人政見放送も見ずに投票所にいった者でも、とりあえず自民候補者は民営化推進だと判断できる。このタグ付けが最終的に大きな効果を発揮するだろう。
民主が本当に、「郵政民営化など争点ではない」と考えるならば、郵政民営化に対する判断を各候補者の自由意志に任せるべきだ。おそらく、それをやられるのが実は小泉首相にとっては一番イヤなのではないか。せっかく有権者にインプットした「タグ」の効力が弱まる。とりあえず民主党候補者の主張は各候補者良く聞いてみようという気にさせてしまう。
そもそも、「何が争点か」を争点にするなんていうメタな議論は、国民生活には何ら関係の無い話だ。こんなやり方では、民主に風は吹かんね。
「郵政民営化?どっちゃでもええがな。各候補者好きにしたらよろし。」
という一言が言えれば、「もっと大事な事がある」というスローガンも説得力を増す。小泉の「タグ付け」を弱体化できる。
逆に言うと、この方針転換が民主盛り返しの必須条件だと思うが。
今のままだと、どんなに民主党が選挙演説やマニフェストでとぼけても、選挙当日、いざ投票用紙を目の前にした時、殆どの有権者は「郵政民営化」という言葉を真っ先に思い起こすだろう。

小倉弁護士vs更紗氏 激動の34時間を検証する

もう一週間前の話になるが、6月7日の夜から6月9日の朝まで、およそ34時間の間私は所用の為ネットに繋ぐ事ができなかった。そして、6月9日の朝、久々にネットに繋いでみると、小倉弁護士周辺がとんでもない事になっていた。
オグリンサーカスの中の人がいつの間にかカミングアウトして、サイト閉鎖宣言してるし。
で、その更紗氏に対して小倉氏が名誉毀損だなんて言ってるし。
なぜか崎山伸夫氏が登場してるし。
小倉氏ブログのコメンターが同一IP自作自演疑惑をかけられてるし。
「いったいこのわずかな時間に何が起きたんだ?」
そう、実際全ての出来事は私がネットから離れていた34時間の間に起きていた。とりあえず事の全容を把握するため、この間の出来事をできる範囲で整理・検証してみた。後追いだったために、情報が不正確だったり誤解があるかもしれない。その点はあらかじめご了承願いたい。誤りや補足があったらフォローしていただければうれしい。
まず、おおまかな事の流れを時系列に並べてみると、以下の様な感じだろう。

6/7 (1)崎山伸夫氏、『オグリンサーカス』のAuthorが更紗氏である事を複数箇所で暴露
  (2)小倉氏、エントリー「なりすまし対策としての発信者情報開示」を投稿
  (3)崎山伸夫氏、mixi内にて更紗氏の個人情報がwhoisで検索可能である事を示唆(URLも提示)
6/8 (4)小倉氏、Мышкин氏や無名ノ技術屋氏他、数名のコメンターのIPアドレスが同一である事をコメント欄で指摘、自作自演疑惑浮上
  (5)無名ノ技術屋氏が小倉氏ブログのコメント欄にて「自分は公開プロクシ経由である」と即座に反論
  (6)小倉氏、エントリー「プロバイダ責任制限法の改正に向けてのメモ(1)」を投稿
  (7)更紗氏、この日からいたずら電話が頻発している事をmixi内で告白
  (8)wakatono氏が同一IPアドレス問題の検証を開始
  (9)更紗氏、小倉氏ブログのコメント欄でwhois情報晒し以後いたずら電話が頻発している事を訴えて、小倉氏&崎山氏を非難
  (10)wakatono氏エントリー「IPアドレスが同じ?」「IPアドレスが同じ?の簡単な技術解説(とほほ…)」投稿
  (11)wakatono氏エントリー「すんません、検証が半端でしたorz」投稿、同一IPアドレスが127.0.0.1である可能性を指摘
6/9 (12)更紗氏、オグリンサーカスAuthorである事を告白し、オグリンサーカス閉鎖宣言
  (13)JSF氏エントリー「ある「IT弁護士」の顛末」投稿、wakatono氏のIPアドレス検証を紹介
  (14)小倉氏、エントリー「名誉毀損?」投稿。更紗氏に対し、自分への非難が名誉毀損だと訴える。

以下、順にポイントをかいつまんで検証&考察してみる。
●なぜ崎山伸夫氏が?
まず、崎山氏がいきなり登場している事自体に驚いた。自分としては、高木浩光氏とバトルやってた人、てなイメージしか無いのだけれど、fj時代から何かと有名な方らしい。で、小倉氏と崎山氏は以前から交流が有ったようでHotWiredBlogやBenliにも崎山氏のコメントがあったりする。さらに、Winnyに関しては小倉氏+崎山氏と更紗氏で激しい議論が過去にあったらしく、その時の事を根に持っているのではという憶測もあるが私は過去の経緯をまったく知らないのでこのあたりは何とも言えない。とりあえず小倉氏、崎山氏、更紗氏がネット上では既知の間柄だったのは確かなようだ。
●崎山氏による更紗氏Whois情報晒しについて
崎山氏はICANNレジストラ間のAgreement等を根拠に、自身の行為を正当化されている様だが少なくとも道義的な謗りは免れない気がする。特に、更紗氏が主張する「いたずら電話」が事実であれば尚更だ。更紗氏は「留守番電話の録音」もあると言っているし、実害の物証を提示された時に崎山氏はどう弁明するのだろう?また、崎山氏はWhois情報について「そもそも公開情報なんですが」という旨の発言もされているが、midnightpax氏のWhois情報晒しの時、小倉弁護士が以前こう発言している。ご参考まで。

これに対しては、このblog主の個人情報は、blog主が自ら公開していた情報だから問題がないのだという趣旨の反論がなされているようです。
 
 ただ、いわゆるニフティ眼科医事件(神戸地判平成11年6月23日判時1700号99頁)においては、ニフティサーブの電子掲示板において特定のハンドル名で攻撃的な発言を繰り返していた人の、NTTの地域別の職業別電話帳に広告掲載されている氏名、職業、職場(診療所)の住所及び電話番号を、本人に無断で掲載したことが不法行為にあたると認定されている(しかも、このときは執拗ないたずら電話をかけられている等の「実害」が生じていたこともあり、個人情報開示事件としては異例の金20万2380円という賠償額が認定されています。)。
 
 この事件において裁判所は、
個人の情報を一定の目的のために公開した者において、それが右目的外に悪用されないために、右個人情報を右公開目的と関係のない範囲まで知られたくないと欲することは決して不合理なことではなく、それもやはり保護されるべき利益であるというべきである。そして、このように自己に関する情報をコントロールすることは、プライバシーの権利の基本的属性として、これに含まれるものと解される。
と判示しています。

●同一IPアドレス疑惑について
『自作自演』は2ちゃんねるでもおもいっきり嘲笑の対象になる恥ずべき行為である。
しかし、ごく稀にID表示の意味も判っていない人間がバレバレの自作自演の醜態を晒して祭になったりする。それだけに、小倉氏の指摘はなかなか刺激的だった。これが事実なら結構ショッキングではある。
指摘を受けたコメンターはМышкин氏、無名ノ技術屋氏、ROMってた匿名氏、匿名夢想剣士氏、あえて匿名法律家氏の5名。
また、それとは別に更紗氏、foduyure氏、匿名賢治氏も指摘を受けた。
率直に言って、(特に前半の5名)コメント内容のレベルから考えても同一IPぶら下げて自作自演をするような方々とは到底信じられなかった。おそらくIP検証を行ったwakatono氏も、それを取り上げたJSF氏も同じ気持ちだっただろう。
というわけで、まずwakatono氏が指摘した、127.0.0.1疑惑から検証。
正直、SixApartともあろう会社がそんなショボい実装でサービスをするだろうか?という素朴な疑問があった。それに、本当に127.0.0.1だったとすると全てのコメントが同じIPになるはずで、そこも違和感があった。
で、ものは試し、自分も実際にwww.typepad.comに30日限定のトライアルでWeblogを立ち上げてみた。
デフォルトから設定を一切変更せず、エントリーをポストし、続けてコメントをポスト。banning listは白紙の状態。それでもアッサリ正しいリモートIPアドレスが表示された。(スクリーンショット)
うーん。結局127.0.0.1表示ってのは何が原因だったんだろう。謎は残るがやはりこれは違う気がする。一応、こちらの検証では正しいIPアドレスが表示された事だけはここに明記しておく。
[2005/6/16追記]
wakatono氏の再検証にて、リモートIPに127.0.0.1が記録されるケースのメカニズムは明らかになった。
詳細はwakatonoの戯れメモさんにて。ちなみにある高速proxy(.mx)サーバで検証してみたが127.0.0.1は記録されなかった。
次に、公開プロクシ説。これは無名ノ技術屋氏が即座に反論したように、信憑性は高い。そしてさらに6月10日Мышкин氏のエントリー

しかし、ドメイン名が把握できていたなら判ることなのだが、私も(おそらく指摘のほかの方も)ドメインの末尾が.mxのはずである。これをどう解釈したのだろうか。自作自演をする粘着メキシコ在住日本人だとでも言いたかったのだろうか。

やはり127.0.0.1説に疑問を呈した上で、ドメイン末尾がmxのプロクシを使用していた事を示唆している。さらにさらに、落合弁護士のところで6/9に書かれた小倉秀夫氏のコメント。

匿名ブロガー、匿名コメンテーター(特に、公開プロクシーを使っている連中)が卑怯なのは、ガシガシ攻撃するからというより、他人を攻撃するそばからその責任から逃げ出している点にあるので、そういう意味では「coward」という言葉がぴったりなのかも知れません。

小倉氏から「公開プロクシーを使ってる連中」なんて表現はおそらく初出。(判りやすいなー)。結局同一IPアドレスはmxドメインPROXYだったという事でFA?そうだと仮定すれば別な意味でショッキングだ。小倉氏のITスキルの実態がまたさらに浮き彫りになったと言わざるを得ない。この評価を覆すには、当該IPアドレスを曝すしかないと思うのだが…?
●小倉氏の矛盾点
小倉氏は、エントリー『名誉毀損?』のコメント欄にて、こう述べている。

まず、更紗氏が、弁護士でも技術職でもないのかどうかよくわかりませんし(実は検事さんかもしれないし)、そもそも女性であるのかどうかもわからないですし、本当に彼がコメント欄で記載したような悪戯電話をかけられたかどうかわかりません。

さらに、崎山氏の見解を引用してこうも述べている。

ところで、崎山さんからのご指摘によれば、mixi等で作戦を練った上で、特定のブログ主を匿名やら仮名やらで攻撃することが行われていたようですが、こういうことは何ら批判されるべきではなく、そういうことを批判することこそが問題であるとお考えですか?匿名や仮名を使って効果的に他人に嫌がらせをすることは素晴らしいことであるから、そういうことを安心して行えるようにするためにも表現の匿名性は保障されるべきだと思いますか?

要するに、更紗氏を『匿名』扱いして一切の素性、発言の信憑性を疑問視する一方、崎山伸夫氏の指摘には何の疑念も持たず全幅の信頼を寄せているわけだ。
この点に関して指摘しておきたい事が2点ある。
まず、崎山氏は何を根拠に「mixi等で作戦を練った上で、特定のブログ主を匿名やら仮名やらで攻撃することが行われていた」などと言っているのだろうか?そもそも更紗氏のマイミクシィに登録されていない崎山氏が、友人にしか公開されていない更紗氏の日記をどうやって見る事ができたのか?何の証拠も無い憶測でしかないのでは?そして、そのあたり小倉氏は崎山氏の言の信憑性についてどの程度「確認」したのだろうか?
それともう一点。
更紗氏が『匿名』だとしたら、では『発信者情報開示システム』というエントリーでWhoisデータベースを引き合いに出し、

氏名および住所等の連絡先をしかるべき登録機関に登録することが求められ、当該登録機関はこれを原則公開しています。

と言っていたのは何だったのか?更紗氏はまさにWhoisDBに情報が登録され、開示されている「発信者」なわけだが。これでもまだ不足というのであれば、小倉氏の言う「発信者情報開示システム」は根本から再定義しなきゃならんと思うのだけど。
以上、纏まりもなくつらつらと書いてみたが、6月7日夜~6月9日朝迄34時間の流れはこんな感じ。
ここ数日はまた一転して静かな日々。今度はいつ事態が動き出すのだろうか。

サンボマスター「新しき日本語ロックの道と光」を聴き倒す

新しき日本語ロックの道と光

新しき日本語ロックの道と光

  • アーティスト:
    サンボマスター
    ,
    山口隆
  • 出版社・メーカー:
    ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日:
    2003/12/03
  • メディア:
    CD
  • 評価:
    4.73
    (全33件)

ここ2週間ばかり、このアルバムばかり聴きまくっている。
そしてここ2週間ばかり、こいつらのせいでめっちゃ涙もろくなってしまった。
とりあえず「そのぬくもりに用がある」のイントロ聴いただけでオレは確実に泣ける。
何度でも泣ける。メシ何杯でもいける。
ひさしぶりだなぁ、アーティストにこういうハマり方するの。
クラス1キモイあいつが歌う、世界一美しい歌
とサンボを評したのは銀杏BOYZの峯田和伸だった。まあなんつーか、そりゃさすがに褒めすぎかもしれないがwホントにそんな気分になってくる。
このアルバムは2003年12月にリリースされた1stだがデビューアルバムではない。2003年7月にオナニーマシーンとのスプリットアルバム「放課後の性春」をリリースしているので厳密にはそちらがデビュー作という事になる。ちなみに「放課後の性春」録音直後、作品を聴いたソニーミュージックの担当者がアルバム制作を独断で決定したというエピソードがある。そうして「放課後の性春」リリースからわずか5ヶ月後、この「新しき日本語ロックの道と光」が誕生した。今回のレビューはイラストまで描いちゃったよ!気合入っちゃったよ!ww

M1.愛しき日々

実にシンプルなロック。1stの1曲目、その衒いの無さが眩しい。スタジオ録音でこれだけテンションを上げられるボーカリストも珍しいと思う。ライブだとテンションが上がりすぎてよくわからないのだがw山口のボーカルはホントに良い。今までいそうでいなかったタイプ。

M2.そのぬくもりに用がある

この曲はアルバム中でもダントツでヤバイ。曲を貫くコードワークは、シカゴの「サタデイインザパーク」などと同じパターンで本来すごくオシャレなものなんだけど、こいつらにかかると命の放射になっちゃうw。このコード進行でこれだけ泥臭いロックになるのはサンボならでは、かな。つーかコード進行自体がカタルシスに満ちているんだけど。「サタデイインザパーク」も名曲だし。後半微妙にノリがファンクなところといい、歌詞の美しさといい、この曲はどこまでも奥が深い。
涙流れて 愛が生まれる
愛が生まれて 五月雨になる

言葉にできないからギターを弾くわけですよ!

M3.人はそれを情熱と呼ぶ

この曲もギターのカッティングとかどちらかというとファンク。コードワークも典型的なロックのそれとは一線を画す。細かなコードチェンジで一歩間違うとゴチャゴチャしそうな曲なんだが、小難しい感じは全然なくて、不思議なほど直球な感じのドライブ感を生み出す事に成功している。

不思議なほど直球な感じのドライブ感なわけですよ、皆さん!

M4.夜汽車でやってきたアイツ

いかにもロックなイントロから始まって、Aパターンで一気にテンションを落とす。山口のテンションの上げ下げが曲全体のドラマチックさを引き立てて、うねりを生み出している。ガナらなければ意外とキレイな声なんだな、とこのあたりで気付く。

意外とキレイな声なわけですよ!
キモイとかは良く言われるんですけど、
それだけじゃあ悲しいじゃありませんか!

M5.残像

あー、これはかなりストレートなロック。疾走感が心地よい。
サビの部分の歌詞。
ずっとずっと沈まねェぞ 太陽
あなたの後ろめたさを ずっと
沈まねェ太陽 動かねェ残像

この歌詞にサンボのよさが全て凝縮されている。どんなに攻撃的な歌詞の中にあっても、愛する人は「あなた」であり。その想いの深さは「ずっと」の繰り返しに暗示的に表れる。
攻撃性と同居する誠実さ、照れくささ。
こんな歌詞を汗むさいメガネのデブが歌うのだ。オマエが歌うからカッコイイ。日本古来の「男の美学」がここにある。

M6.この世の果て

スティングの「見つめていたい」の様な、淡々としたミディアムナンバー。このアルバムの中で、特に異彩を放つ曲だ。
そして超えてゆくんだ ここで
君に笑われたっていいんだよ

笑われたっていいじゃないですか!は次曲の語りでも出てくるサンボ山口の名言w。

M7.さよならベイビー

典型的8ビートの超ストレートな直球ロック。歌詞もこの曲が一番直球かw。中間部の高テンション語りが聴き所。山口のキャラクタが垣間見えて必聴。

笑われたっていいんですよ!

M8.Ohベイビー

これはなかなかの佳作。コードワークの中で見せるクロマチックなベース進行が
Coolかつキャッチー。ただのロック野郎じゃないところを見せてくれる。
この微妙なポップさは、なんというか、「音楽知ってる」証な感じだ。

M9.それでもかまわない

よくテンションが続くなという位この曲も全開。
アルバム全体を通して、VIマイナーとサブドミナントマイナーが多用されている傾向に気付く。この曲もそう。荒削りな「勢い」は、なんか大学時代を思い出す。胸のうちの「熱さ」をコントロールしきれずに、まさに「放射」する様な感触はファーストアルバム特有のものなのかな。

M10.朝

アルバムの最後を飾るナンバーは、ノリが微妙に16ビートで、微妙に黒っぽくて、ドミナントマイナーが効果的に胸にしみる。小技がさりげない。
今ここで 涙ながらに 涙の理由は 今消えた
サンボの歌詞は説明がない。だから情景が浮かびづらい。でも何かひっかかる。ひっかかるよママン。
とか言ってるうちにこの曲は衝撃の急展開を迎える!!ww
2005年1月には2ndアルバム「サンボマスターは君に語りかける」もリリースされ、はねるのとびらでは「ブサンボマスター」というパロディコントが人気を博すなど、サンボマスターへの注目度は上がる一方だ(ちなみにブサンボマスターはファンの間で批判も根強いようだが)。
とりあえず「放課後の性春」と2ndアルバムは絶対買わないと。ブサンボマスターも見ないとw。これからもサンボマスターから目が離せない。
最後にニヤリの和尚さん経由で知った2chスレ。愛を感じますなw
あらゆる曲をサンボマスター調にしたいんですよ!

Flashの背景透明化テスト

Flashの背景透明化テストです。意外と簡単かも。
新興宗教の教祖様にご登場願ってみました。うまくポストできるでしょうか。教祖様は画面上をドラッグできます。いえ、深い意味はありません。ちょっとした息抜きも兼ねてww。(ドラッグできなくなった場合は画面をリロードしてみてください)
[追記]
Flashレイヤーを上に被せたらリンクがクリックできなくなってしまったのでドラッグできる領域はやむなく狭くしました。面白かったのになー。パーマリンクやコメントリンクがクリックできない場合はお手数でも右側の「最近のENTRY」からお入りください。すんません…
[2005/5/8再追記]
透明化テストは成功したので、いろいろと支障のあるレイヤー化は外します。
また、ブログペットやサイドバー用の130*150バージョンも作ってみました。こちらはドラッグできません。背景があまりに殺風景なのでギネアアブラヤシの写真を薄っすらと貼り付けてみました。
こちらはオリジナルの背景無しドラッガブルバージョン

こちらが130*150バージョンです。

直リンクはこちら。
ドラッガブルバージョン(plummet.swf)
130*150バージョン(plummet2.swf)