はてぶでは、100日かけて100usersに到達する様な「ロングヒット型」エントリーが埋没してしまう



最近衆愚化云々が話題になってる「はてなブックマーク」の話なんだけど。
1日の間に100users稼げば、おそらく「人気エントリー」になる。
でも、例えば1日1usersずつ、100日かけて100usersに到達する様なエントリーは、今のはてぶだと殆ど見つけるのは困難だ。
しかしながらどっちかとゆーと、後者の方に価値を感じるのは私だけだろうか。
今のはてぶは、基本的に注目の度合いを「単位時間」で測る
いまや人気エントリーとかに載るには、なんらかの「追い風」が不可欠。
瞬間最大風速が大きい記事ってのは、予め大勢がRSSリーダーに登録してるとか、もしくは人気ブックマーカーにブクマされたとか、人気ブロガーに言及されたとか、すごく前提条件が限られない?
強者が圧倒的有利というか。
これだと、ピックアップされるエントリーがどんどんパターン化しちゃって当然だよね?
読者は少ないけどすごい良記事を書くブログとか、そういう新しい「発見」ってむしろ風速の小さいところにあるんじゃないかと思う。
「人気エントリー」にも「注目のエントリー」にも上がらないまま、アルファブックマーカーの力でもなく、少しずつuser数を増やすエントリー。それって凄くない?
日付の起点が「1get時」固定なのが問題なのかな。利用者の好みに応じて起点の日時が切り替えられたら面白いかも。注目のエントリーとかを「3get」時を起点にソートできたりとか。
まあ実装はいろいろ考えられるけど、とにかくコツコツとuser数を増やすような「ロングヒット型エントリー」を汲み上げる仕組みが欲しい今日この頃です。

「はてぶでは、100日かけて100usersに到達する様な「ロングヒット型」エントリーが埋没してしまう」への3件のフィードバック

  1. インターネットの歩き方 – ソーシャルブックマークは群集の叡智の夢を見るか

    ソーシャルブックマークに関する記事(ブログ)で、はてぶに関する記事が目についたので。アタシ自身は、はてぶ利用してません。試したけど、結局は使いにくいのでやめちゃ…

コメントは停止中です。