新シリーズ『聴き倒す!』第一回ゲスの極み乙女『キラーボール』編

mv3_thumbnail
旧ブログでは、アルバム全曲レビューのシリーズ名だった、「聴き倒す!」を、古今東西の名曲を1曲ピックアップして、楽曲徹底解析をするという内容にリニューアルし、さきほど第一弾をYouTube / ニコニコ動画にUPしました。
第一回は、今勢いに乗る『ゲスの極み乙女。』の初期の名曲『キラーボール』を取り上げてます。ファンのみならず、ゲス乙女を知らない人にこそ見て欲しいっす。
動画本編,YouTubeはコチラです。

—————————————————————
ニコニコ動画はこちらです。

—————————————————————

今回、実際の音源を聴きながら解析をする、というスタイルにしたんですが、YouTubeに動画アップして、アップが完了しないうちに、著作権侵害の申し立てメールが来てマジでびっくりした。いくらなんでも早すぎだろ。動画アップ完了してないんだから著作権侵害も何もないだろうに。
 というか、今回、著作権法の「引用」に間違いなく該当する様に、かなり入念に動画を作ったつもりだったので、速攻で異議申し立てしました。
 実際の話、音楽コンテンツの『引用』ってあんまし前例が無いとは思うけど、著作権法は別に著作物の種類を限定していないんだから、音楽でも『引用』は有り得るはず。
 なので、まず出典をより明らかにする為、アーティストと楽曲名だけでなく、収録アルバム名にASINコードまで明記。
コンテンツの中で、引用部分がはっきりと区別できるよう、原曲を流してる時間は、動画の上に必ず「原曲再生中」のテロップを表示してます。
 というわけで、万が一イチャモンつけられた場合は、徹底抗戦する考えです。

世界のポップミュージックで最も使われているコード進行

世界のポップミュージックで最も使われているコード進行、以前はそのような問いに対する有効な回答は誰も持ち合わせていませんでした。
しかし、2009年以降、海外では、そのコンセンサスが出来つつあります。そのきっかけはオーストラリアの3人組コメディアン、Axis of Awesomeでした。axis-of-awesome
今回の動画で”pop punk chord progression”(=ポップパンク進行)を紹介しているのですが、これGoogleで検索してみると、日本のサイトでこの進行をこの名前で紹介しているものが1つも無い様でしたので、驚いてエントリした次第です。
こちらが動画本編、YouTube。

————————————-
ニコニコ動画はこちらです。しばらくはYouTubeとニコニコ動画、併用していきます。

————————————-

まずは、このコード進行を世界中に認知させるきっかけとなったThe Axis of Awesomeの大ブレイクネタ、『4 Chords』動画はこちらです。
日本人にも非常に楽しめるネタとなってます、曲のタイトルが出るのも非常にありがたいです。
ちなみに2009年のネタなので、Let It GoやAdeleのSomeone like Youなどは入ってません。

Wikipedia English版はコード進行、コード理論系の項目が充実しています。
ちなみに、pop punk chord progression は I-V-VI-IV progression というページにリダイレクトされています。
Pop Punk Chord Progression
こちらがポップパンク進行を使った曲リスト
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_songs_containing_the_I%E2%80%93V%E2%80%93vi%E2%80%93IV_progression

今現在で、200曲を大きく超える楽曲がリストされています。

コード進行の一覧というものもあります。
List of chard progressions
23のコード進行が掲載されていますが、日本の王道進行に当たる進行は掲載されていません。(カノン進行と、小室進行のバリエーション[cycle progression]は掲載されている)欧米において、王道進行がいかにマイナーかを示唆するものです。このあたりはまた機会があれば触れたいですね。

日本のメジャー音楽シーンは2010年に破綻している

これまで、諸般の都合で活動休止していましたが、WEB上での『音極道』としての活動を7年ぶりに再開します。
JPOP王道進行解説動画から、実に7年ぶりのMusic Hacks、復帰第一弾は『日本のメジャー音楽シーンは2010年に破綻している』という動画です。

 当初の予定から1ヶ月遅れの動画UPとなってしまいました。2010年でJPOPは破綻した、っていう持論が兼ねてからあったのですが、それを第三者に客観性を持って伝えるとなると、エライ大変な作業でした。生みの苦しみハンパ無かった。
一ヶ月の遅れの内、3週間はひたすらシナリオの書き直しでした。テーマが大風呂敷過ぎたのか、言いたいことを全部含めるとあっという間に30分くらいになってしまい、おそらく20回以上はシナリオ全リセットかけて一から書き直し、という作業繰り返しました。永遠にこの動画出せないんじゃないか、と心が折れそうになること多数。
ただ、書き直す度に確実に内容はよくなっていったので、そこはムダではなかったです。今回はピアノ演奏のほとんど無いニュース解説みたいな動画になってしまいましたが、本編はこちらです。内容を削りに削って、なんとか15分弱に。

当初は、復帰第一弾に王道進行解説の続編を予定していて、実際動画も作成したんですが、この<2010年で日本の音楽シーンは破綻した>という前提で解説進める場面があって、「いやそこちゃんと解説しないと視聴者全然わからないよな」となって、その前提部分の解説を第一弾のテーマに変更した次第です。

まずは、動画本編で解説の中心に据えた音楽シーン破綻までの経緯概要図、貼っておきます。
main-fig-mv1

あと、出典関係のURLをこちらに貼っておきます。興味があれば覗いてみてください。

2015/9/19追記——————–
ニコニコにもアップしました。