世界のポップミュージックで最も使われているコード進行



世界のポップミュージックで最も使われているコード進行、以前はそのような問いに対する有効な回答は誰も持ち合わせていませんでした。
しかし、2009年以降、海外では、そのコンセンサスが出来つつあります。そのきっかけはオーストラリアの3人組コメディアン、Axis of Awesomeでした。axis-of-awesome
今回の動画で”pop punk chord progression”(=ポップパンク進行)を紹介しているのですが、これGoogleで検索してみると、日本のサイトでこの進行をこの名前で紹介しているものが1つも無い様でしたので、驚いてエントリした次第です。
こちらが動画本編、YouTube。

————————————-
ニコニコ動画はこちらです。しばらくはYouTubeとニコニコ動画、併用していきます。

————————————-

まずは、このコード進行を世界中に認知させるきっかけとなったThe Axis of Awesomeの大ブレイクネタ、『4 Chords』動画はこちらです。
日本人にも非常に楽しめるネタとなってます、曲のタイトルが出るのも非常にありがたいです。
ちなみに2009年のネタなので、Let It GoやAdeleのSomeone like Youなどは入ってません。

Wikipedia English版はコード進行、コード理論系の項目が充実しています。
ちなみに、pop punk chord progression は I-V-VI-IV progression というページにリダイレクトされています。
Pop Punk Chord Progression
こちらがポップパンク進行を使った曲リスト
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_songs_containing_the_I%E2%80%93V%E2%80%93vi%E2%80%93IV_progression

今現在で、200曲を大きく超える楽曲がリストされています。

コード進行の一覧というものもあります。
List of chard progressions
23のコード進行が掲載されていますが、日本の王道進行に当たる進行は掲載されていません。(カノン進行と、小室進行のバリエーション[cycle progression]は掲載されている)欧米において、王道進行がいかにマイナーかを示唆するものです。このあたりはまた機会があれば触れたいですね。

Comments

comments