YouTubeがネット社会にもたらした2つの「戦果」

YouTubeがGoogleに16億5000万ドルで買収された。
ちらほらと噂が流れていたとは言え、このニュースに驚かなかった人はいないだろう。
初代Napster台頭から始まった、「著作権ビジネスにおける既得権勢力と新興勢力とのせめぎ合い」という視点で見た場合、今回の落とし所は間違いなくハッピーエンドであり、YouTubeは大きな2つの「戦果」をネット社会にもたらしたと思う。
1つ目の「戦果」は、YouTubeが16億5000万ドルという具体的な「存在価値」を歴史に刻んだ事だ。
初代Napsterの消滅以降、著作権ビジネスというフィールドでは「革命」は起こせないという諦めムードが支配していた。Napsterの件が無かったならば、iTMSだってもっとラジカルな戦略をとっていたかもしれない。Napsterの失敗の記憶は、多くの新興ビジネスを萎縮させ、より「安全な道」を選択させてきた。
しかし、YouTubeは世間の注目を浴びて以降約1年もの間、著作権ビジネスにおける「問題児」としてグレーゾーンに存在し続けたまま、とりあえずのサクセスストーリーを描き切った。
YouTubeが今後どうなろうとも、今日までYouTubeが取ってきた戦略とその結果としての16億5000万ドルという価値は客観的事実として歴史に残る。
今後、後発の起業家達はYouTubeの「サクセスストーリー」を先例として思い描く事ができる。1年前までは、Napsterの暗い末路しか思い出すことができなかった。この違いは大きい。YouTubeが初代Napsterの呪縛を解いたのだ。
そして2つ目の「戦果」は、買収劇ではなく同時に発表された「CBS,ユニバーサル,SonyBMGとの提携」にある。
買収のインパクトがあまりに大きすぎてさほど注目されていないが、この提携は買収と同じ位インパクトがあると思っている。
後に振り返った時、この提携が著作権における発想の転換点だったとあらためて評価されるのではないか。
特に注目するのは、CBSとの提携内容である。MYCOMの記事から以下抜粋。

同社(CBS 引用者注)はまた、YouTubeが新たに導入したコンテンツ識別アーキテクチャを試す最初の企業になる。同技術は著作権で保護されたコンテンツを識別し、YouTubeにおける利用をレポートする。著作権が侵害されている場合は、著作権保有者であるCBSが削除できる。ただしCBSが問題なしと判断すれば、そのまま公開が継続する可能性もあり、そのコンテンツに関連して広告収入などが発生した場合はCBSにも分配されるそうだ。

この提携内容が持つ大きな意味にお気づきだろうか。
判りやすく言うと、無許諾アップロード行為が著作権者によって事後承諾されるパターンがあるという事だ。
これはとんでもなく大きな一歩じゃないか。これまで著作権者は例外なく100%事前許諾を大前提としてきた。その常識を覆すものだ。無許諾=違法とは限らなくなるという事だ。
ちょうど3ヶ月前、事前許諾に固執するコンテンツホルダーを 無断リンク禁止に例えて揶揄するエントリーを書いた。このエントリーは随分と誤解もされたが、真意ははそういう事だった。
そして、他のエントリーでも「違法」という言葉は決して使わず一貫して「無許諾アップロード」「無許諾コピー」という表現を意図的に使ってきた。無許諾である事が即違法とは限らないじゃないかという強い思いがあったからで、だからこそ事後承諾の可能性を残す今回の提携に敏感に反応した次第。実際の運用上、CBSが90%の無許諾コンテンツを削除しても構わない。10%でも無許諾アップロードが合法となる既成事実が出来れば、それだけで十分「常識」は変わる。
今回の買収劇がたとえ無かったとしても、YouTubeがメジャービジネスを志向する以上いずれはどのみちコンテンツホルダーのコントロールを受け入れなければならない。問題は、それが「どのようなコントロールであるか」だ。
その意味で、YouTubeは今回のCBSとの提携において、さりげなく大きな風穴を開けた。とりあえずGoodJobと言いたい。ここから著作権ビジネスの展開が劇的に変わる、かも。